読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこへいったか釣り小僧

釣りにまつわるお話を(おおむね)、思いつくまま気の向くままにつづります。粗忽者(そこつもの)ではありますが、どうかお付き合いください。

第28投 秋だアオリだエギングだ

不安定な天候のなか迎えた3連休。

天気予報とにらめっこしていた方も多いのではないでしょうか。

釣り小僧も、トーゼンながらその1人。雨が降るんだか降らないんだかハッキリせんかい!てところです。

 

まぁ降ったら降ったでエエわいと開き直り、初日の深夜から海へ繰り出しました。

向かったのは砂浜海岸。ここで、エギングなる釣りをしようって魂胆です。

 

エギングとは、イカを釣るための方法の一つ。日本古来の漁具である餌木(えぎ)というものを使う釣りで、ルアーフィッシングとして広く楽しまれてます。

今回の狙いは、アオリイカ。エギングの代表的なターゲットで、「イカの王様」なんて呼ばれたりもします。

 

秋になると、そこそこのサイズが数釣りできるのが例年のパターン。今年は好調との話を聞きつけ、そろそろイケるんじゃね?ってところであります。

f:id:tsurikozo:20161009165055j:image▲これがアオリイカ。上に写ってるのが餌木です

f:id:tsurikozo:20161009165109j:image▲今回出撃したサーフ(砂浜海岸)。小雨でどんよりだけど、ここで釣るには好都合

f:id:tsurikozo:20161009165119j:image▲これが餌木。左端の輪っかに糸を結び(接続金具を介して)、右端のハリで掛けます

 

実は何年か前にかなりイイ思いをしたことがあって、夜にサーフへ行っちゃあ釣ってました。イカの王様ってくらいだから食味もバツグンで、カミさんはじめ家族にも大好評。

 

ただ今年一発目ってことで、釣れる確証はなし。

夜中から釣りを始め、投げ続けることしばし。餌木を投げたら底まで沈め、ロッドをしゃくりながらリールを回して誘います。

 

すると餌木は頭を左右へピッ、ピッと振って浮き上がります。3回ほどしゃくって止めると斜め下へス〜ッと沈み、このときに乗ってくるのが通常のパターン。

……あ、この釣りではイカが餌木に“乗る”って表現します。念のため。

 

でまぁしばらく釣れないもんですから、港か磯にでも移動しようかと。そのとき、いきなり餌木がひったくられたんですよ、奥さん!

キタ〜!と夢中で手前まで寄せてきたら、波打ち際でフッ……。外れてしもうた。

 

ココロの準備ができてなくて、いきなりのヒットに対応できず。

ちきしょ〜。今日も寝てないけど、こりゃ釣れるまで帰るワケにいかん!

 

f:id:tsurikozo:20161009165152j:image▲2時間もやってると、すっかり明るくなった。そろそろお開きか……

 

その後は反応がなく、戻りながら探り歩いてみる。

さっきの要領で、ロッドをチョンチョンとあおってス〜ッと沈めると……グッ、グッ、グイ〜ン、グイーン(擬音だらけで面目ない)。

 

き、きよった。この感触は、間違いなくアオリイカやぁ!

f:id:tsurikozo:20161009165128j:image▲今シーズン初のアオリイカ。なかなかイイ引きしてくれました

 

いや〜、とりあえず投げ続けといてよかった。投げないと、釣れるもんも釣れんからね。

調子こいてまたキャスト。波打ち際まで探ってくるとグッ、グイ〜ン……またきたぁ!

f:id:tsurikozo:20161009165145j:image▲群れに当たったのか、立て続けに2ハイ目(イカは1パイ、2ハイと数えます)

 

いやはやなんともイイ気分。シーズン一発目としては上出来すぎるだろ!と、さらに投げることしばし。

二度あることは三度あるとは言いますが、もう1パイ追加!

f:id:tsurikozo:20161009165200j:image▲3バイ目は今日イチ。緑のアイシャドーが入ったアオリでした

 

さてさて、アオリイカといえば、帰ってからもお楽しみ!

カミさんにさばいてもらい、イカ尽くしと相成りました。

f:id:tsurikozo:20161009165208j:image▲まずは刺身。甘みがあって、舌でとろけるような上品なお味
f:id:tsurikozo:20161009165216j:image▲ゲソとアラは、オリーブオイル&にんにく炒めに。ビールのつまみに最高!

 

てなワケで、実に良き一日を過ごせた小僧でありました。

アオリイカは、今が一年で最も釣りやすいシーズン。入門にもぴったりなので、みなさんもやってみま専科?

 

とりあえず、また行こっと。

 

つづく

f:id:tsurikozo:20161009165221j:image▲家にあった材料と合わせて、今日の食費はかいわれ大根とビール代のみ