読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこへいったか釣り小僧

釣りにまつわるお話を(おおむね)、思いつくまま気の向くままにつづります。粗忽者(そこつもの)ではありますが、どうかお付き合いください。

第3投 釣り場で会った人々

え~、釣りってぇものにも、いろいろジャンルがございまして(なんで落語家口調なんだ)。 

 
 
私がいちばん深く手を染めているのはルアーフィッシング。
プラッチックとか木、ゴムとかで出来た擬似餌で魚を釣るという手法ですな。
 
 
で、こないだは家からクルマで10分ほどの砂浜へ行ってきました。
そろそろマゴチという魚が釣れる季節なんで、朝4時半に起きて、海岸へ出撃であります。
 
f:id:tsurikozo:20160430141841j:plain
 
▲朝っぱらから釣り人がズラリ。あんたも好きねぇ……(自分もそうだろが) 
 
 
 
波は穏やか、水面をよ〜く見ると小魚がぴちゃぴちゃ。
ど〜見ても釣れそうな気配がムンムンしてる。ムハハ、こりゃもらったな。


日がだんだん高くなっていくなか竿を振り続けること小1時間。

反応なし。


おっかしいなぁ、もう釣れ始めてるって聞いたんだけど、まだちょっと早かったか。

いやいや、ヤツはそのへんにいるはず。そろそろ食ってくるだろう……でさらに振ること1時間。

やっぱ反応なし。



しゃあない、今日はこれくらいでカンベンしたろ。
 
f:id:tsurikozo:20160430142939j:plain
 
▲このデカい口で底からバクッ! 見た目はアレですが、白身でとても美味な魚です
 
 
その帰りがけ、地元のじいさんばあさんがゴミ袋持って清掃活動をしてたので、ちょいと聞き耳を立ててみる。

「そのへんにダイヤモンドでも落ちてないかねぇ」

「そんなもん落ちてるワケないでしょ」
 


別のじいさんが近くにいたので、話しかけてみる。

「釣りのゴミとか落ちてませんか?」

「いやいや、釣りの人は捨てねぇだろ」

「いや〜、捨てちゃう人がいるんですよ。お恥ずかしい……」

「イイだよ、捨てる人いれば拾う人いる、で。こうしてキレイにしときゃよ、そのへんに咲いてるちっさい花もよく見えるだろ」
 

f:id:tsurikozo:20160430141934j:plain
 
▲こんな花がひっそりと咲いてました。普段は目も向けないけど、イイもんです 
 
 
 

第2ラウンドはいつもの川で

 
さてさて、何も釣れずに終わるのもつまらない。
いったん帰ってから、いつもの小川へのべ竿持って様子見へ。


するとマイポイントに何やらキラキラと光る魚が……しかもハンパじゃない数!
水がぬるんで、魚が戻ってきたかぁ。
ムハハ、こりゃもらったな(パート2)。 
 
f:id:tsurikozo:20160430142134j:plain
 
▲ちっさい魚がいっぱいいるの、見えますかね……? 
 
 
ドキがムネムネしながら、ハリにエサ付けて水辺に落とすことしばし。

反応なし。
はっきり見えてんだけど、いささか小さいな。

 
とここで、チャリンコの荷台に竿を3本立てたおっちゃんが登場。

「それ全部アユだろ、まだちっせえからエサ食わねぇんじゃねぇか?」

やっぱそうか、でもその下にハヤかフナがいるかも、と頑張ってるんですが。

……あ、きた! 釣れたのは案の定、稚アユ。
釣れたというか、体にハリが掛かっちゃった。ゴメン。

 

このまま続けてもダメそうなので、おっちゃんとの釣り話にテーマ変更。

「今から海行くんですか?」

「おう、チヌパワーが家にいっぱい余ってっから、使っちまわねぇとヨ」

ちなみにチヌパワーってのは、チヌ(クロダイ)を釣るための寄せエサ。
これを海にまいて、狙いの場所に魚を寄せてから釣るって寸法です。


しっかし、よくタバコ吸う人だな。
吸い終わっちゃ付け、吸い終わっちゃ付け……つられて、ついつい吸っちゃう。

「前に禁煙外来ってので入院してたらよ、ヒマでしょうがねぇんだよな。
あんまりヒマだから1週間目にタバコ吸っちまったよ。
やっぱコレだけはやめらんねぇな、ガハハ」
 


気付けば釣りもしないで1時間以上。
今日も釣果なし。


大丈夫か、この釣りブログ。



つづく
 

f:id:tsurikozo:20160430140845j:plain▲水もぬるんできたし、そろそろ……!